低用量ピルを毎日のように摂取していたら大丈夫。トリキュラーなら、月経の痛みを和らげてくれるので安心して服用できます。

そのような考え方を持ち、継続して使うのも大切なことですが、あくまでも低用量ピルなどの薬は最終手段として利用したいものです。普段の食事や生活で女性ホルモンを一定位置に維持できたら、これほどの健康法はないはず。

確かに難しいことだとは思いますが、ここらへんは本人の意識次第です。どうしても、医薬品に頼るひとが多いのは事実ですが、女性ホルモンを作用するという効果がアルトと同時に、その他に副作用が起こることを理解しておかなくてはいけません。

他のページでもお話したように、女性ホルモンを増やすと言われているイソフラボンがエストロゲンに似た作用があると言われているために、大豆を毎日のように食べることがおすすめです。

基本的に、エストロゲンに似た働きするもので、プロゲステロンの作用は期待できない、つまり女性ホルモンの中ではエストロゲンに作用する食品を意識しすることです。

納豆には子宮がんや乳がんの予防にも繋がると言われているので、毎日のように意識した食事をしたいものです。

最近では、イソフラボン専用のサプリメントも販売されていますので、気軽に利用することができます。ただ、成分量が記載されているものの、実際は、サプリに加工した段階で、含まれている容量が格段に低下しているという話もありますので、できることなら、手作りによるイソフラボンの料理を作ってもいいかと思います。