人によって体重が違うように、女性ホルモンの量も異なります。

なんだか女性ホルモンは体内の血液や水分のようにたくさん体内に含まれているイメージがありますが、実際はそんなことはなく、とても少ない量で妊娠、出産、精神をコントロールします。

女性ホルモンが例外ではない一節によると障害のうちに分泌される女性ホルモンの量はティースプーン一杯分で、ホルモンとはこういうものかというほど少ない量です。

たったこれだけで、自分をコントロールしているのかと思わされるのですが、実際にそうなんですね。はっきりした形では見えないのですが、あるホルモンと結合しやすい物質をくっつけて光らせたり、電気を通した波長の違いを分析しても、ホルモン量はかなり少ないとされています。

しかし、このごく少量のなかでも、少なすぎると頭痛や不眠症、精神のバランスにつながりますので、普段から女性ホルモンを増やすための意識が重要になります。

たとえば、女性ホルモンに似た働きをする成分の代表格である大豆を毎日のように摂取してもいいと思います。あくまでも大豆が女性ホルモンと全く同じではなく、似ているという感覚になりますので、確実に効果が現れるわけではありませんが、イソフラボンにはエストロゲンに似た作用があり、一生懸命に糖尿を呑んだり、イソフラボンのサプリメントや女性ホルモンに似た働きのある食品、ハーブを取り入れることで、女性ホルモンを高めてくれます。

1日の摂取量の目安としては上限としては30mgなので、意識した食事バランスを考えてもいいと思います。