女性にはだれだって月経は起こるものですが、症状がそこまでひどくない人、過剰なほどの痛みを感じる人がいます。

その中で私は、チョコレートのう腫が大きくなり、月経の痛みや出血をかなり感じていました。

卵巣のう胞は、卵巣の内部に液体などがたまってしまう症状のことで、様々な種類があります。とくに、30~40代に最も多いのがチョコレートのう胞という病気です。

症状としては月経時に激しい痛み、出血が起こりやすく、徐々に症状が悪化するのが特徴です。

チョコレートのう胞は子宮内膜が子宮以外の場所に飛び火してしまう子宮内膜症の一種ですが、生活には膿疱ではなく、内膜症病巣からの出血が卵巣内にたまってできた袋なので、のう胞と呼ぶそうです。

子宮内膜の主な原因は月経の出血が卵管を通してお腹の中に逆流すること、月経で剥れた子宮内膜が卵巣や腹膜など骨盤内の臓器にくっついて増殖し、出血することが考えられています。

実は、チョコレートのう胞が発症すると、4%の確率で卵巣がんになることがわかっています。そのために、普段とは違う月経を感じたら、まず病院で検査を受けたい所。

現在、私はピルを服用し、のう胞を小さくしていますが、何もケアをしないと症状がどんどん悪化してしまいます。