女性なら聞いたこと有ると思います。
それが「子宮筋腫」です。

子宮にできる良性の症状で、市況の内側にできる粘膜の下筋、子宮の筋肉の中にできる筋肉層内の3つがあります。

このうち粘膜下筋や筋層内筋は、過多月経や不正出血の一つの原因と言われています。そのために、この部分をうまく改善をしなくてはいけない。

どの筋腫も大きくなることで、周囲の臓器に対する圧迫症状が見られることが特徴です。

筋腫によって、圧迫されると、尿、尿管が圧迫される、肝臓の機能障害、子宮の後ろ側が圧迫されると腰痛や便秘などが起こります。

大きさも数も、出来る場所も様々ですが、子宮筋腫はおよそ3割の女性に発症すると言われているために、少しでも違和感を感じたら病院などで検査を受けること。

現在、研究が進んでいて、遺伝子などがひとつの要因と言われています。

とはいえ、家系にだけ起こるのではなく、ストレスや食事の管理なども関係するために、症状が悪化させないように、低用量ピルなどを服用し、痛みなどを緩和させます。

あくまでも、子宮筋腫は命にかかわる病気ではありませんが、不正出血や、月経、他の臓器への圧迫など、さまざまな病気に関係するために、すぐに治療を行うことが重要になります。

我慢をせずに、病院などで相談をすること。