月経のツラサは女性だけにしかわからない悩み。

私の場合は、頭痛と貧血がひどく、少し歩くだけで”クラクラ”としためまいが起こり、椅子に座るとそこから立ち上がれないほどの症状を毎月のように感じていました。

この月経の悩みにトリキュラー28が改善をしてくれます。

トリキュラー28には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているために、毎日のように排卵を抑えてくれます。

これが本当に効果的で、低用量ピルを服用している人の月経痛の約70~80%を改善してくれるというデータが出ているそうです。

あくまでも、トリキュラー28を服用し、完全に完璧に痛みがなくなるわけではありませんが、服用するのとしないのでは全然異なります。

もともとトリキュラー28などのピルは避妊予防の他に、月経困難症や子宮内膜症の治療薬としても使われていました。

私の場合は、子宮内膜が原因で、月経の痛み、出血が起こっていたのですが、ピルを服用してから1年で、チョコレートのう腫の大きさが正常に戻るほどの効果を確認。

月経困難症や子宮内膜症の症状としては、月経の初期~5日目にかけて、ひどい下腹部の痛み、腹部、頭痛、吐き気などの悩まされる症状です。

なおかつ症状がひどい場合は、仕事を休むことも有り、自分以外にも迷惑をかけてしまうので、やはり改善を図るために、ピルを服用するのも、ひとつの手段になりますね。